東京医科歯科大学歯科同窓会学術部対内講演会
TMDU白熱教室
◀Top

第45回TMDU白熱教室開催後記

「【フルマウス】誰でもできるようになる治療計画の立て方 -アナログ治療計画とデジタル治療計画の併用―」

  • 講師
    スタディグループMID-G 主宰 荒井昌海先生
  • 2019年1月19日開催
  • 第45回TMDU白熱教室は、「【フルマウス】誰でもできるようになる治療計画の立て方 -アナログ治療計画とデジタル治療計画の併用―」と題して、エムズ歯科クリニックの荒井昌海先生にお話しいただきました。
    講演の前半では、エムズ歯科のDr育成に用いているたくさんの資料や、患者さんへの説明ツールなどをオープンに見せていただきました。治療計画立案では、建築作業工程にも似たシステムを採用しており、全てのDrが一定の治療計画を立てられるようになります。また、患者説明については、「かかる期間と費用を明示してはじめて選択できるようになる」、「選択肢は3つにする」、「治療後のワックスパターンと手書きの治療計画書が患者さんに伝わりやすい」ことを学びました。
    第45回TMDU白熱教室
    後半は、CTによる睡眠時無呼吸症候群の診断とデジタル化したスリープスプリント作製法、インプラント治療におけるデジタルの応用など、一貫したデジタルシステムを用いるエムズ歯科のデジタルデンティストリーをご紹介いただきました。デジタルの可能性は、我々の想像を超えて進化していることを実感する内容でした。


    2時間の講演を通じて感じたことは、問題解決の際の思考法や方法論が常にシンプルでクリアなことです。今後の歯科界を背負って立つ荒井先生の、ますますの活躍が期待される講演会でした。(学40 宮本一世)