東京医科歯科大学歯科同窓会学術部対内講演会
TMDU白熱教室
◀Top

東京医科歯科大学歯科同窓会学術部同窓生限定講演会
第41回 TMDU白熱教室
平成30年7月21日(土)
『支台築造再考-メタルコアからファイバーコアまで-』

☆☆この講演は終了しました☆☆
● 講演内容
 2003年に国内でグラスファイバーポストの使用が可能になってから、グラスファイバーポスト併用コンポジットレジン支台築造はメタルフリー歯科治療に欠かせない術式となりました。2016年にグラスファイバーポストが保険収載され、さらにその応用範囲は拡大されています。
 しかし、それに伴って失敗例も増加しています。
 グラスファイバーポスト併用コンポジットレジン支台築造は、歯科医師のしっかりとした接着に関する知識と技術あっての術式であり、接着材料を使用すれば上手くゆくというものではありません。鋳造支台築造された支台歯が20年以上機能している症例が多数存在している事実もあります。
 本講演では鋳造支台築造からレジン支台築造まで、研究で得られた成果を交えながらお話ししたいと思います。
○ 講師
東京医科歯科大学摂食機能保存学分野
駒田亘先生
● 平成30年7月21日(土) 20:00~22:00(受付19:30より)
○ 会場:東京医科歯科大学1号館西9階特別講堂
● 当日会費
・当日受付で白熱QRコードを呈示した方¥2,000
・東京医科歯科大学歯科同窓会費を納めている方¥3,000
・それ以外の方¥6,000
○ 定員:先着100名(事前申し込み不要)
(当日は先着順に受付け、定員になった時点で入場を締め切ります)
●白熱QRコード割引についてはこちらをご覧ください。
○メールによる開催案内をご希望の方は白熱通信への登録をお願いします。