東京医科歯科大学歯科同窓会学術部対内講演会
TMDU白熱教室
◀Top

東京医科歯科大学歯科同窓会学術部同窓生限定講演会
第47回 TMDU白熱教室
令和元年6月1日(土)
『迷いを払拭する審美治療レジンセメント選択基準〜自信を持ってセラミック、CAD/CAMレジン冠を装着するために〜』

☆☆この講演は終了しました☆☆
● 講演内容
デジタルデンティストリーの台頭とともに、様々な「白い」歯冠修復材料が臨床応用されている。保険導入されているCAD/CAMレジン冠以外にも、「2ケイ酸リチウムガラスセラミック」 「ジルコニアセラミックス」などが主に使用されているが、どれだけデジタル化が進んでも、これらの材料を歯質と一体化して機能させる接着無しでは臨床は成り立たない。
近年では「ユニバーサルプライマー」や「セルフアドヒーシブセメント」などの、多用途かつ省ステップ化した材料が多く登場しているが、各材料ごとにコンセプトが異なっているため、臨床の現場は少なからず混乱を来たしている。
今回は各種接着システムの交通整理を行い、新製品が出るたびに迷わない視点を持っていただく機会としながら、現状の最適な手法を検討する。
○ 講師
朝日大学歯学部口腔機能修復学講座歯科保存学分野歯冠修復学
講師 高垣 智博 先生
● 令和元年6月1日(土) 20:00~22:00(受付19:30より)
○ 会場:東京医科歯科大学1号館西9階特別講堂
● 当日会費
・当日受付で白熱QRコードを呈示した方¥2,000
・東京医科歯科大学歯科同窓会費を納めている方¥3,000
・それ以外の方¥6,000
○ 定員:先着100名(事前申し込み不要)
(当日は先着順に受付け、定員になった時点で入場を締め切ります)
●白熱QRコード割引についてはこちらをご覧ください。
○メールによる開催案内をご希望の方は白熱通信への登録をお願いします。